まにまに音楽生活

よくある音楽、本、生活などについてのブログです。

青葉市子「0」

最近よく聴くのは、青葉市子の新作『0』です。

 

平賀さち枝、柴田聡子、寺尾紗穂、MARKなどなど、いつにもましてインディ系の女性SSWが充実している昨今ですが、状況的にも音楽的にも、いま、青葉市子が最高の状態にあると思います。


青葉市子 - いきのこりぼくら - YouTube

 

最近は小山田圭吾細野晴臣坂本龍一など、大物とよく絡んでいるなーと思ってたら、今作がメジャーデビュー盤ということでした。内容的には、基本、淡々といつもどおり最高、ではあるのですが、そこからにじみ出ている確信のようなものが「あ、化けたな」、と思わせる充実した好盤です。(で、おそらく、次が歴史的名盤になるのではないかと勝手に予想します。)

 

「圏内の歌」他のカバーもあったし、実際によく交流している印象がありますが、あらためて、やはり彼女はうたうたいとしてのコアの部分で七尾旅人に似ているなと思いました。それは、一定ではないギターの弾き方であったり、ときおりみせる即興的な展開などもそうなのですが、それ以前に、話し声や風の音や空気をそのまま歌にしてしまうような、あるいは言葉が発されていないときにも歌が聴こえてくるような、そんな魔法みたいな歌が歌える(あるいは歌わない)という点において、です。


FUKUKOU LIVE vol.01 - 七尾旅人『圏内の歌』 - YouTube

 

もうすぐリリースに伴うツアーが始まりますが、そちらも期待しています。

 

全然関係ないけど、ちあきなおみ「喝采」も最近のヘビーローテーション


1972年 ちあきなおみ 喝采 - YouTube