まにまに音楽生活

よくある音楽、本、生活などについてのブログです。

サニーデイサービス『SUNNY』

サニーデイサービスの新しいアルバム『SUNNY』を聴きました。

ROSE176rgb.jpg

復活作となった前作『本日は晴天なり』からは四年半ぶり。間にいくつかシングル(7inch)を挟んでいますし、ライブ活動もそれなりに行ってたかと思いますので、不在の印象はあまりありませんでしたが、久方ぶりのアルバムとなります。

今回は"サニーデイサービス"としての新譜ということで、毎度のことですが、ソロ名義含めいくつもの名義を使い分けて活動する曽我部恵一にとって、じゃあサニーデイは何をするところ?というのが常に関心事にはなります。

復帰作『本日は〜』、あるいはリリース時に何度かみたライブから、曽我部恵一がこのバンドをいかに”壊さないように大切にしている”のかが伝わり、それがとても印象的であったのを覚えています。今回のアルバムでもその印象はそれほど変わらないですが、いくつかのシングルで示唆されていたように、丁寧を通り越して「なんかいい感じのもの」といったようなところに落ち着いちゃったなー、というのが正直な感想です。

さらに、もうひとつ。少しつらいですが指摘しておかなければならないのは、本人が本人のコスプレをしているような、なんとも言えない居心地の悪さも同時に感じたということです。(特に先行シングルとなった「アビーロードごっこ」は「サニーデイサービスごっこ」という印象を強く受けました。)

新機軸がないわけではありません。「星を見たかい?」を一瞬彷彿させるような「星のレストラン」ではバルカン音楽的な要素が入っていますし、わりと直球でサイケデリックな曲もあります。

しかし、それらについても、音楽の刷新を図るような、深化を図るような強度のあるものには思われません。時代とやりあうときに曽我部恵一は、ソロ名義と曽我部恵一BAND名義を使い分けているという印象がありますが、その反動として、レイドバックした、心地よい程度のサイケデリアを鳴らす"なんかいい感じの"バンドとして、サニーデイは落ち着いてしまったのでしょうか?

僕にとってサニーデイサービスとは、『MUGEN』によって完全に突き抜けたサイケデリアに到達し、次のアルバムでもう戻ってこなくなってしまった途轍もないバンドです。オールタイムでも国内最高のバンドなわけです。

未だリハビリ中というはなしであれば、一年に何度か、もしくは何年かに一度、良質な7inchを切るバンドとしての活動でよいのでは?という気もします(7inch単体で聴くとどれもよい曲ですし)。

体良く「いい感じのバンド」でいてほしくない。海岸線を車で行くときにいい感じになるBGMではなく、違う景色をみせてほしい。曲もアレンジも決して悪くないだけに、もっと、もっと期待をしてしまうのです。

Sunny

Sunny