まにまに音楽生活

よくある音楽、本、生活などについてのブログです。

備忘録 17/7/2

存在意義は薄いけど、いくつか気に入ってる記事があるから消せないブログです。

備忘録です。

 

 Awich。

文化系じゃないフィメール。ついに真打ちかも。マリアもちゃんみなも好きだけど。

ただ、ヘタウマがデフォルトなこの国の受容で、泉まくらやMCごはんやリリカルスクールよりこの音楽が支持されるかはわからない。さらにNo Nameくらいのものが出てくると面白いけど…。

 

シャムキャッツ


シャムキャッツがお茶の間に流れる国に住みたい。

SNOOZERがあればもっと売れてたかもと思わなくもないけど、もっと早くダメになってしまったという気もするからなんとも言えない。

とにかくシャムキャッツはいつも最高だし、もちろん今回も最高。この場所より高くて広い場所に彼らはいるべきだけど、今は1999年ではないからしょうがないのかも。

 

小沢健二「 流動体について」の記事を書きたかったのだけど出遅れてしまった。昔書いたこの辺この辺の記事とシンクロする感じがあって少しスッキリしたのだけれど。フジでは「天使たちのシーン」を演るそうで、仕事で行けず悔しい。

小山田圭吾は当然のように淡々とネクストレベルで嬉しい。しかしPOINTのときのことを考えると、それでも現時点では過小評価している可能性もあるから、小山田圭吾は、フリッパーズギターの二人は注意が必要。

 

 Future。

 

R&B/RAPのUSでいちばん売れてるのを聞いておけば、音楽的なレベルや深度もそのままついてくる(もちろん例外は腐るほどある)というのは今更だがすごい。形としては富の独占のヒエラルキーにも似ているが。しかし、あんまり関係ないけどFrank Ocean「blonde」のオフィシャルLPを買い損ねたことが未だに悔やまれる。

 

KICK THE CAN CREW。 

なかなかグッとくるタイミングのリユニオン。

 

Mount Eerie。


 名曲でという言葉ではちょっと片付かない。

 なんとなく、Bright Eyesの名曲を思い出す。

  

僕的にパンチラインは、

I'd rather be working for a paycheck
Than waiting to win the lottery